病歴就労状況申立書は診断書と並んで重要な書類です。診断書との違いはこの書類は自分で作成します。

ご自身の病歴、就労歴、生活歴等を時系列に書いていきます。

書き方としては、病院ごとに3-5年ごとに記載していくと申立書に明記されています。

細かいですが、同じ病院でも通院と入院と分かれているなら、分けて書くように指導されたりします。年金事務所では、診断書の真ん中あたりにある通院歴の部分を参考にチェックされるので、申立書を作成する際にそれらを意識して作成することをお勧めします。

以下では知的障害を例に説明します。

知的障がいの場合は私の経験的にも児童相談所への相談止まりで、実際に病院に通院しているケースは少ないように感じます。一度も精神科といわれる病院に通院していない場合は、出生から大体5年ごとに区切り記載していきます。で、最後に診断書を書いてもらう為に病院に行ったならばそこのことも忘れずに記載します。

具体的に言えば0歳から5歳、5歳から10歳、10歳から15歳、15歳から20歳のような感じで区切ります。その中でもし、通院されているなら、通院期間で区切りもします。ポイントは期間に空きがない様に作成する所です。ただ、請求する障害に全く関係のない病気に関する入院・通院は書く必要がありませんが、そのことを書かないと話がおかしくなる場合などは書くのも一つの方法です。ケースバイケースで柔軟に対応して頂いて大丈夫です。

ちなみに、この申立書は発病前後から現在までの状況を記載するようになっていますが、知的障がいと発達障がいの場合は出生時から記載しないといけないので注意が必要です。

知的障がいは通達で初診日は出生日と扱いがあるので、発病は出生日だから申立書も出生から記載すると分かります。しかし、発達障がいの初診日はあくまでも初めて病院に行った日なのに、申立書は出生日から求められます。

また、発達障がいは診断書の請求する障害名に「発達障がい」と記載が無くても、診断書の既往歴や現在の病状及び状態に書かれているだけでも発達障がいの疑いありと病歴就労状況申立書には出生日からの様子の記載が求められます。

ベースが発達障がいでうつ病が2次障がいという方もいらっしゃいますので、申請前に一度チェックが必要です。